清潔なお肌や髪を保つための洗顔やシャンプー。キレイを保つために当たり前にしていることがかえって、肌や髪に負担を与えてしまい余計なお手入れを強いられる原因になっていることをご存知ですか?

今回は何故たくさんの化粧品が世の中に存在するのか?美容業界にはびこる裏話をしたいと思います。

まず化粧品を語る前に薬機法という法律を知る必要があります。日本では医薬品、医薬部外品、化粧品における定義というものが存在しておりその範囲内でしか製品をつくることはできません。

それぞれ、次のように、定義されています

 医薬品:医薬品医療機器法法第2条第1項

① 日本薬局方に収められている物
② 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用される ことが目的とされている物であって、機械器具(歯科材 料、医療用品、衛生用品並びにプログラムを含む)でな いもの(医薬部外品及び再生医療等製品を除く)
③ 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすこと が目的とされている物であって、機械器具でないもの(医 薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く)

 

医薬部外品:薬機法第2条第2項本文

次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であって機械器具等でないもの。

吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
あせも、ただれ等の防止
脱毛の防止、育毛又は除毛
人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止

化粧品:薬機法第2条第3項

この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。
ただし、これらの使用目的のほかに、第1項第2号又は第3号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く。
分かりにくいので解説してみます。

医薬品

医薬品として指定されている有効成分を含みます。添付文書に「有効成分の濃度」「その他の成分」が記載されている。
症状に対して予防、または治療的な効果があるものとされます。
有効成分がたくさん入っていると症状に対しての効果が高い反面、副作用の恐れも高くなります。
原則として都道府県知事の認可した場所でのみ販売できる。

医薬部外品

有効成分が規定量配合されている事を厚生省が認可したものであり、全成分の表示義務はなく(医薬品ように有効成分の濃度とその他の成分のみ記載されている場合が多い)症状に対して予防的な効果を及ぼすもので、人体への作用が比較的穏やかなもの。
基本的には安全だが長期間継続的に使用すると副作用を及ぼす場合があるもの。
薬的な効能をもつ化粧品。薬用化粧品とイメージするとわかりやすい。医薬品と化粧品のちょうど中間のような存在。
白斑症という肌の色素を壊してしまう事件が近年ありましたが、美白化粧品とうたわれ医薬部外品として販売されていました。
基本的には皮膚表面の角質層までに働きかける場合が多い。医薬品とは異なり小売販売には許可制度は定められていない。

化粧品

有効成分の配合が保障されない。入っていても有効成分の濃度がごく少量で効果を及ぼすほどではないもの。
容器もしくは外箱等に全成分の表示義務がある。人の見た目を美しく見せるもので人体への作用が穏やかなもの。
有効成分の濃度が低い(入っていない)ため副作用のリスクがないもの(アレルギーは副作用ではありません。)作用は皮膚表面の角質層までに限る。
小売に関しては医薬部外品と同じく、特に定めはない。

効果と安全性

つまり、普段使いのできる頻度の高い化粧品は肌の表面の0.02㎜程度の角質層を潤わせることはできても、それ以上となると医薬品や医薬部外品を使用しないと効果はないということ。
どんな高級な化粧水や美容クリームを使っても所詮、のちのち垢として剥がれ落ちる角質層までにしか作用していないんですね
肌にトラブルが生じている状態で症状を改善したり、治療するには医薬品を使用することで症状が緩和、改善されることはあっても化粧品そのものの効果によって改善することは難しいということです。
副作用のリスクのある医薬品や医薬部外品に頼らなくても良い綺麗な肌の状態を維持する正しい化粧品の使い方を知ることが得策ですね。
効果
医薬品>医薬部外品>化粧品
安全性(副作用)
化粧品>医薬部外品>医薬品
となります。

正のスパイラルと負のスパイラル

前回ターンオーバーで解説したように体内の血液中から栄養成分をもとに新しい細胞が生まれる細胞分裂が行われ、健康と美しさを保っています。
正しいターンオーバーをした肌は水分量も適度に保ちキメも整うようにできています。また、皮膚表面には皮膚常在菌が住んでおり健康な肌をバランス良く保つように働いています。
皮膚常在菌は皮膚の角質の隙間に隠れており、肌に潤いを与えるグリセリン関連物質を分泌したりアトピー性皮膚炎や肌荒れの原因となる黄色ブドウ球菌を撃退するため、抗菌ペプチドという物質を作り肌の健康やキレイを守ってくれています。
菌数の多い顔では常時数億個が生息していると言われています。
しかし、強い洗浄力を持つ洗顔やシャンプーを使用したり、洗浄頻度が高くなるとキレイを手伝ってくれている表皮常在菌までも落としてしまいお肌の健康とキレイが損なわれるのです。
洗い流された菌数が回復するまでには半日程度かかるため洗顔やシャンプーは1日に1回、適度なパワーで洗浄をすることがキレイを保つには大切です。
洗顔やシャンプーで過剰に洗ってしまう事によって必要な表皮常在菌を流してしまい、肌や頭皮に負担がかかってしまいうことによってターンオーバーが乱れ、成熟していない肌(水分保持能力やバリア機能が低い)が角質層に押し上げられ保湿をしなければいけないという負のループを繰り返しているのです。

負のスパイラル

①過剰な洗浄
②肌に負担がかかりターンオーバーが乱れる
③乾燥するため過剰な保湿をしなければいけない
④肌荒れを隠すためメイクをしっかりとしなければいけない
①に戻る
日常生活で受ける汚れの70%~80%はお湯の力によって流すことはできます。残り30パーセント程度の汚れはそんなにパワーの強い洗剤を使う必要性はないわけですね。洗浄力がやさしいと言われる人間と同じアミノ酸が主成分のものがいいですね。
現代人はメイクや洗顔によって肌に対するストレスが高いためターンオーバーが早くなる場合が多いのです。
実際、市場で手軽に買える洗顔やシャンプーはコスパやにおい重視で作られており洗浄力が高く肌に対する負荷の大きいものが事実。
それらを使うことにより生まれるトラブルで化粧水、トリートメント、乳液、クリーム、パック等を使わざるを得ない状況に陥りたくさんのモノが必要というマーケティングの元、美容業界は潤っています。
そんな馬鹿なと思うかもしれませんがプロ意識のある美容師やメイクアップアーティストはCMやマーケティングがうまければ製品の良し悪しは二の次ということを知っています。
人間本来の美しさを保つ機能を無視したばかげた美容理論に騙されている事に早く気付いてください。
自分がスキンケアやヘアケアで努力をしているのに結果がついてこない人はこの負のループ陥っているパターンです。
貴方の近くでスキンケアやヘアケアをしていないのに綺麗な肌や髪の人はいませんか?

正のスパイラル

①適度で清潔な洗浄
②ターンオーバーが整う
③最低限のケア
④美肌、美髪の維持
⑤①に戻る
で回っている人です。

まとめ

加齢とともに細胞分裂は残念ながら不活性化していきます。これを老化というためある程度は仕方ありません。
不老不死や若返りの薬など古来からあこがれられるものでしたが存在したことは一度もありません。
あれもこれも肌や髪に良いと言われるものをどんどんつけてたいというのが人間の性ですが、何かを足していくプラスのスキンケアやヘアケアよりも余計なことをしないという-マイナスのスキンケア。乱れたターンオーバーのサイクルが整うまでには少し時間はかかりますが、一度整えてしまえば最低限のケアだけで今までに感じた事の無いような肌の調子や髪になれますよ。
食事で栄養バランスを意識し、質の良い睡眠をとり、ストレスをためすぎない人間らしい生活をすることこそが実年齢よりも―5歳に見える健康で美しい状態が手に入ります。またヘッドマッサージで血流を促し栄養が届きやすくなったりストレスが解消されるのでぜひ試してくださいね!
貴方が間違った洗顔やシャンプーをすることがたくさんのケアをしなければいけない状態を自ら作るという悲しいお話でした。貴方の美に役立ててくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

ご予約はこちらから

こちらのブログをお読みいただいてラインご登録して頂ければ今ならワンランク上のヘッドスパをプレゼント中

髪のお悩み、頭皮のお悩みはLINEにて無料相談受付中!お友達追加でお気軽にどうぞ^^

友だち追加

滋賀県草津市草津3-7-8 奥田ビル1A

30歳から始める髪と頭皮のエイジングケア

XANADUスパ&ビューティヘア~大人の休息地~

TEL 077-566-3866

お一人様ずつ癒しと素敵なデザインをご提供させていただくため施術中はお電話にでることができない場合がございます。折り返しのご連絡をお待ちいただくかLINEによるお問い合わせをご利用ください。

完全予約制

The following two tabs change content below.
キタウラ ナオヤ

キタウラ ナオヤ

名前:キタウラ ナオヤ  職業:ヘアデザイナー&美髪プロデューサー【歴】17年 県内3店舗勤務後、2012年4月滋賀県草津市に XANADUをオープン。 美を通してゲストを輝かせ幸せにすることを使命としている。 白髪、薄毛、細毛などのお悩みを解消するため自身の研究や経験を活かし本当の美しさを提供したいという思いと心休まるリラックスできる場所を提供するためXANADUを設立。 ヘアーデザイナーとしてゲストの願望や素材にしっかり耳を傾け 《らしさ》を創ることを大切にしている。 特に独自のヘアケア理論、頭皮ケア、美髪育成技術に定評があり豊富な技術と経験で艶髪トリートメント、炭酸クレンジング、アルカリカラー、オリジナルヘッドスパ、ヘアマニュキア、塩基性カラートリートメントなど多様な薬剤を研究し使いこなし素敵なヘアデザインで地元、滋賀、草津でゲストを自分らしく輝けるように素敵なデザインを発信している!!!あなた史上最高の美しさをご提供します。