スポンサーリンク

滋賀県草津市の理想の美髪と美爪のお店 XANADUヘアー&ネイルの代表のナオヤです。

 

貴方の髪の毛はきれいですか?

 

美しいデザインを作るには綺麗な土台の髪の毛は必須です。

実際パーマやカラーをしても綺麗でないとなんのこっちゃわかりませんよね?

髪の毛を綺麗に保つには絶対に正しい知識がないと実現しません。

正しい知識を持つことで必ず綺麗は作れます!!!

髪の毛がぼろぼろになってしまいXANADUにたどり着いて来られる方がおられます。

そんな悲しい思いをされる人が少しでも減ってほしいという願いの元、髪の毛が痛む原因を知ってもらい綺麗になってもらいたいと思います。

絶対にダメージした髪の毛は治らないという大前提!

たくさんのシャンプートリートメントのCMがあり演出上いかにも髪の毛が治りそう。

僕も素人ならそう思うでしょう。

大前提として現代の科学の力をもってしても髪の毛を治す方法は残念ながらありません。

この事実を受け入れることから全ては始まるのです。

人間の細胞の生きているところは傷ついても自然に治ります。(細胞分裂や栄養を消化、吸収するのかな?専門外なので、トホホ)

ですが死滅細胞と呼ばれる部分もあるのです。髪の毛や爪ですね。

もちろん神経も通ってないですし消化、吸収できる器官も備わってません。

爪が割れてしまってもどんなにケアしても元に戻ることなんてないでしょう。

髪の枝毛もどんなケアをしても治ることははないのです。

 

毛母細胞が毛細血管から栄養素を吸収して細胞分裂を繰り返し髪の毛を作り伸びていく。

毛自体は死滅細胞で毛母細胞があるから髪は伸びるのです。

死滅細胞である以上治ると考える事自体がナンセンス。

生えてきた髪の毛が100点満点としてカラーやパーマはもちろん髪をくくったり、洗ったり、乾かしたり、コテで巻いたりしていくとどんどん点数が減算されていってしまうのです。

現在の髪の毛の体力と相談しそもそも極力ダメージをさせないということが大切です。

トリートメントは必要ないのか?

こんな話をすると【トリートメントってなんなん??】ってなりますよね?

たくさんの種類がありますが結論から言うと滑りを良くし摩擦からのダメージを軽減するもの。

油分を与えてしなやかにしたり、髪を表面をコーティングして手触りを良くし摩擦を軽減したり扱いやすくし疑似的に美しく見える髪の毛にするのが本来の目的。

ですが、残念ながらいつの間にかサロンでするトリートメントや高級トリートメントは髪の毛を『痛んだ髪の毛を元通りにするもの』ととらえている現実。

髪の毛によさそうな新成分が配合されようがどれだけサロンで高級なトリートメントを重ねてつけても【治る】ということは現時点の科学では不可能なようです。

しばらくの期間髪の毛を疑似的に綺麗に見せる技術なので間違って理解しないことが大切です。

 

こんな時のトリートメントには要注意!!!

たくさんの種類のトリートメントがあるけど特にサロントリートメントに関してやるタイミングには注意が必要です。

 

カラーやパーマ後のコーティング系トリートメント

カラーやパーマの施術後は髪の内部は残留成分が残っており非常にデリケートな状態。できるだけ早く髪の毛を本来の弱酸性に戻し残留成分を除去することが大切です。

ですがそんなときにコーティングしてしまうと残留成分を長期的に髪の中に保存してしまうようなもの。

コーティングが効いてるうちはツルツルサラサラでしょうが、それが剥がれていったときは余計にダメージを受けているでしょう。

なのでカラーやパーマ直後のトリートメントには注意が必要です。

オリジナル美髪プログラム

ルーティーン的に毎日使う流さないトリートメント

体調の悪い時にお薬を飲むけど元気な時には飲まないですよね?

かえって体調が悪くなってしまいます。

それと同じで髪の毛がパサついたり、引っかかったりするときの流さないトリートメントは有効ですが、扱いやすい時にもいつものルーティーンのようにつけてしまうことは問題です。

必要のない時に重ねてつければつけるほど髪は当然重たくなります。

せっかく良い状態なのにつけすぎてしまうことによって逆効果で扱いにくくなることもあります。

自分の髪の状態と相談し問題のある時は使う。問題のない時には使わない。これ意外と大切ですよ!

つければつけるほどよくなるものなんてありえませんからね。

 

巷で見かける痛まない○○

今までのお話から髪の毛を綺麗に見せようとすればするほど痛むということは理解していただけたでしょうか?

そもそも最近のカラー剤やパーマ剤の中には質感向上剤が入ってます。

なので美容室で髪を染めたりパーマをした直後はきっと質感は良いと感じる人が多いでしょう。

ですがそれも時間とともに剥がれ落ちていきいつの日かダメージを感じるのです。

手触りを良くする=トリートメントという概念ならばカラーやパーマはトリートメントです。

なので、そのあとトリートメントメニューなんてする必要性なんてないのです。                       (お薬に含まれる有害成分除去のトリートメントは例外)

それでも進めてくるような美容師にはきをつけてください。

当然痛まないカラーやあてればあてるほどきれいになるパーマなど存在しません。

それがあれば僕も使います。欲しいです。

サロンで薬剤を使う施術は必ず痛みます。

なので、施術者の技量によって結果が変わるのです。

髪を染めて綺麗に見せるカラーのように、髪の毛を綺麗に見せるトリートメントなのです。

 

艶とダメージ

みんなの憧れ【ストレートヘア】は髪の表面がつるっとしているので髪の毛が綺麗に面でそろい綺麗に光が反射するため艶が生まれます。

天使の輪って奴ですね。

反対にくせ毛(縮れ毛)は髪の毛がいろんな方向にむいてしまい面にそろいにくいため光が綺麗に反射できない(乱反射)ため艶が生まれにくいのです。

もちろんトリートメントしようが無駄です。

艶はただの光の反射。ダメージと一緒と考えるのはナンセンスなんです。

ストレートアイロンでくせ毛を伸ばしてあげればツヤツヤになります。

CMでサラサラを強調する演出をよく見かけますが必ずストレートヘアですよね?

何故ならそのほうが商品の印象が良いからです。

艶とダメージは別問題なのでお間違いのないように。

もし艶を出すのがトリートメントならば一番優れたトリートメントはストレートアイロン1択です。

まとめ

髪の毛を綺麗にしたいなら正しい知識は必須です。

自分の髪を守れるのは自分と担当美容師だけです。

髪の毛のダメージは髪の毛の体力であり、体力のあるほうが綺麗に見せる施術がしやすいのです。

一度減ってしまった体力は戻せません。限りがあるのです。

カラーやパーマ後のいらないものを髪の毛に残さないようにし、できるだけ早く追い出し必要な分だけ保護してあげる。

こんな毎日が綺麗な髪の毛を作るコツです。

人間楽をしたい生き物で【これを使えば一発で治る】とか【これさえ使えば大丈夫】みたいなキャッチコピーに弱いですよねw

そんな都合のいいものはないことにいいかげん皆さん気づいてないですか?

必要な時に必要な分だけな必要なモノを。

美髪は一日にしてならず。

一人でもダメージで困る人がいなくなりますように・・・

ザナドゥ 美髪インスタグラム

 

ダメージ、生えグセ、髪のクセ、カットのされ方やりたいヘアスタイルなど、お悩みの方いらっしゃると思います。
できる限りご相談に乗りますのでご気軽にご連絡ください!
悩んでいる場所やその箇所の写真を撮って送ってもらったりできれば、さらに的確なアドバイスなんかもできると思いますので、ぜひこちらからお待ちしております!
ご予約ご相談はこちらからどうぞ
XANADU美容師相談所

友だち追加

お悩みやストレスが少しでも解消できますように!!!
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
キタウラ ナオヤ

キタウラ ナオヤ

名前:キタウラ ナオヤ  職業:ヘアデザイナー&美髪プロデューサー【歴】17年 県内3店舗勤務後、2012年4月滋賀県草津市に XANADUをオープン。 美を通してゲストを輝かせ幸せにすることを使命としている。 白髪、薄毛、細毛などのお悩みを解消するため自身の研究や経験を活かし本当の美しさを提供したいという思いと心休まるリラックスできる場所を提供するためXANADUを設立。 ヘアーデザイナーとしてゲストの願望や素材にしっかり耳を傾け 《らしさ》を創ることを大切にしている。 特に独自のヘアケア理論、頭皮ケア、美髪育成技術に定評があり豊富な技術と経験で艶髪トリートメント、炭酸クレンジング、アルカリカラー、オリジナルヘッドスパ、ヘアマニュキア、塩基性カラートリートメントなど多様な薬剤を研究し使いこなし素敵なヘアデザインで地元、滋賀、草津でゲストを自分らしく輝けるように素敵なデザインを発信している!!!あなた史上最高の美しさをご提供します。